カロリー

輸入チーズは代金に税金が多くかかっているって本当?

ナチュラルチーズの中でも、フランスやイタリアのものを日本で購入するとかなり高いように感じる方もいらっしゃるでしょう。
ですが、本国ではそれほど値段が張るものではありません。
日本からフランスを訪れた旅行者が、リヴァロを購入して、「日本で買おうとしたらこの数倍の値段がする」とお店の人に言った、という話もあります。

実際のところ、日本にもたらされるナチュラルチーズの値段が高いことは関税の影響があります。
輸入品には通常であれば関税がかけられることになりますが、この関税は商品の価格だけではなく、商品価格に加えて輸送費用や保険代を加えることになりますので、そのコストが多くかかればかかるほど、関税も高くなることになってしまうわけです。
たとえば、かつてイタリアのパルミジャーノが、本国では最も高いチーズである一方で、日本へは船便で来るために空輸で運ばれるその他のチーズよりも安くなった、という逆転現象も見られました。

また、国内のミルクやバターといった乳製品を保護する政策が、関税をより高くすることにもつながっているといいます。
日本では牛乳が過剰生産気味になっているため、国産品を守ろうとする動きがとられているのです。


このページの先頭へ