カロリー

チーズにはワインの理由

チーズとワインはどちらもメソポタミアが発祥とされ、どちらも同じ発酵食品であることから相性がよく、ヨーロッパの国々では欠かせない組み合わせとなっています。
また、チーズに含まれている必須アミノ酸の1つであるメチオニンはアルコール分解を支えてくれるという利点があります。
そして脂肪分が高いチーズには渋みのあるワインが合うというように、味の相性からいっても理想的な組み合わせなのです。

フランスでワインを選ぶ際には、同じ地方で生産されたもの、もしくはできるだけ近い地方の産地のものを選ぶと相性がいいことが多くなっています。
また、熟成されたワインの複雑で繊細である香りを損なうことのないように、チーズはごくマイルドな味、香りともに主張が穏やかであるものを選ぶといいでしょう。
刺激的な風味の青カビチーズにはフルボディの赤、癖の強い個性的なチーズにはそれに負けない個性的なワインを選ぶといいでしょう。

フランスではチーズとワインのよい組み合わせを「マリアージュ」といって珍重します。
基本としては、マイルドな味のチーズであれば辛口の白かフルーティで軽い赤、味が強いものにはボディのしっかりしたコクのある赤ワインを、塩味の強いものには甘口の白ワインを合わせるといいでしょう。
チーズとワインの組み合わせは美容にとても効果的です。
ワインに含まれているポリフェノールは美容に良い成分として知られていますが、チーズにも同じように美容に良い成分が含まれているのです。
それが、http://www.knews.jp/donnnamono.htmlで紹介されている乳酸菌です。
乳酸菌は美肌効果やダイエット効果が期待できるため、おいしいチーズを食べて艶々なお肌と綺麗なスタイルを手に入れることができるのです。



このページの先頭へ