カロリー

チーズにある乳酸菌が腸の働きをサポート

チーズは生乳からつくられるというのはご承知のとおりですが、この過程でも乳酸菌は深くかかわっています。
ナチュラルチーズは生乳に乳酸菌や凝乳酵素を加えてつくられるものですが、この乳酸菌や酵素は完成したチーズの中でも生き続けているのです。
乳酸菌は原料となる生乳内のラクトースを発酵させて乳酸を生成し、タンパク質を凝固させる働きをします。
さらに、チーズが熟成する過程において、乳酸菌のタンパク質分解酵素が乳成分をゆっくりと分解し、特有の風味ができ上がることになります。

そしてチーズを食べることによって、腸内の環境が良好な方向に向かうことが考えられます。
腸内にはたくさんの細菌が生息しています。
乳酸菌やビフィズス菌は有用菌、大腸菌の毒性株のような有害菌、そしてどちらにも属さない中間の菌群に大別できますが、このうちで有用菌が有害菌を抑えていると健康でいられますが、偏った食事や食べすぎ及び飲み過ぎ、ストレス、過労、加齢などによって腸内の有用菌が減少し、ウェルシュ菌のような有害菌が増加することが知られています。
これに対処するには、乳酸菌そのものを摂取することが有効になりますので、その意味でチーズを食べることは腸内環境を整えることに寄与するのです。

このページの先頭へ