カロリー

牛乳アレルギーがある場合はチーズは食べてはいけない?

牛乳アレルギーとは、牛乳を飲むことで下痢をしたり、ぜんそくを起こしたり、あるいは蕁麻疹を起こしたりなど、様々な症状を起こすことをいいます。
このような症状を起こす人は、牛乳を飲むだけでなく、牛乳成分を含んだすべての食品でアレルギーを起こす可能性があります。

数多い食物エネルギーの中でも、牛乳アレルギーは特に問題にされることが多いアレルギーです。
その理由は、乳幼児で発生することが多いためです。
その原因として、新生児期に牛乳あるいは牛乳を原料とした調整乳を与えることが問題とされています。
新生児では消化力が弱くてタンパク質をアミノ酸にまで分解しきれないため、大きな分子のままで残りやすく、その上、腸管壁が未熟であるため、大きな分子が血液中に入って抗原として働き、アレルギーの原因となる抗体をつくってしまうからです。

チーズも牛乳の成分を含んでいますので、アレルギーの原因となると思われますが、チーズの場合は加工を加えているためタンパク質が変性し、アレルゲンとしての性質が減ると考えられます。
しかしながら、アレルギーの症状は人それぞれですので、専門の医師に相談し、その監視のもとで、ごく少量ずつチーズを慣らしていくといいでしょう。


このページの先頭へ