カロリー

チーズが持っているビタミンの種類や効能

チーズに含まれているビタミンには、ビタミンAやビタミンB群があります。
ビタミンAは、身体に抵抗力をつけ、皮膚や粘膜を守ってくれる効果があります。
このビタミンAは肉や魚など、動物性の食品に含まれているレチノールと、ホウレンソウやニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれるカロテンとがありますが、チーズにはこの2つの成分がバランスよく含まれているのです。

ビタミンB群では、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12が含まれています。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるビタミンです。
脳は糖質以外のものをエネルギーにできませんので、頭を使うことが多い人はビタミンB1を特に必要とします。
ビタミンB2は肌の質を整えたり、口内炎や口角炎の発生を食い止めてくれることに寄与します。

運動量が多い人は特に摂取しておきたいビタミンです。
ビタミンB6はタンパク質や脂肪を代謝するのに必要とされるビタミンです。
ビタミンB12は悪性の貧血予防に必須となります。
足りなくなると、全身のだるさやめまい、動悸などが起こるのが特徴です。
このように豊富なビタミンが含まれるチーズですが、ビタミンCだけは含まれていないため、チーズを食べるときには野菜や果物を一緒にとるようにするといいでしょう。

このページの先頭へ